見込み客ナイスゲットー!メールマーケティング会社比較

ホーム > メールについて > メールの開封率を把握するというマーケティング

メールの開封率を把握するというマーケティング

メールは、販促活動の為によく活用されます。
自社の製品を積極販売したいと望む会社も多いですが、そのために既存顧客などに送信される事もよくある訳です。
ただ販促活動を行う以上は、データ収集なども一つのポイントになります。
例えば、開封に関する状況です。
たとえ相手に情報を送信しても、肝心の開封が生じるかどうかは、把握する方が無難と言えます。
開封率が今一つ良くないと判断されれば、メールの文面などを修正する発想が生じる事も多いです。
逆に開封率自体が不明ですと、なかなか問題点が見えてこない事もあります。
つまりマーケティングに関するデータ集計が、大切なポイントになる訳です。
少なくとも開封されたか否かのデータは、できる限り集めるのが望ましいです。
まずはデータを把握しておかない事には、売上数字の伸び悩みなどもあり得るからです。



ニーズを把握してからメール送信するマーケティング

販促活動を行う際には、不特定多数の方々にメールを送る事があります。
いわゆるDMのようなシステムです。
不特定多数の方々に送信し、反響を待つという手法を採用している会社は、とても多いです。
ですが一括送信のシステムよりは、むしろメールのマーケティングの方が望ましい場合があります。
そもそも相手に情報を送信するにしても、ニーズに合致しているか否かが分かりません。
相手に情報を送信するのは良いですが、そもそも興味を持っていない内容ですと、開封されない事もあります。
逆に相手のニーズを把握しておくだけで、開封率も随分変わってくる訳です。
相手の興味にマッチする情報を送信するだけで、開封率は高まる傾向があります。
つまりニーズをある程度調査した上で、メールを送信するというやり方が、マーケティングになる訳です。
情報を送信するにも費用がかかる訳ですから、ニーズを把握する事は大切です。



年齢層に着目するメールのマーケティング

メールのマーケティングに関わる要素の1つに、年齢層が挙げられます。
少なくとも自社製品に大きな関連性があると見込まれる年代層を把握する事は、大きな意味があります。
例えば自社が販売している製品は、主に50代以上向けだとします。
アンチエイジングに関連する製品なので、20代向けというより、50代以上が主な客層になり得るからです。
その場合、主に50代以上の方々に対して、販促活動を行うのが有効です。
20代に販促活動を行ったところで、効果が限定される可能性があります。
それで販促活動を行う際には、何らかの名簿で作業を行うケースがほとんどです。
20代の方々が掲載されている名簿もあれば、50代もあります。
もちろん販促効率を求めるなら、後者の名簿が良い訳です。
ですからマーケティングに基づいてメールで宣伝を行うなら、年齢を意識する事が大切です。

次の記事へ

カテゴリー