見込み客ナイスゲットー!メールマーケティング会社比較

ホーム > メールについて > メールマガジンとマーケティングの違い

メールマガジンとマーケティングの違い

 最近よく聞くようになってきメールマーケティングという言葉。今まではメールマガジン、メルマガという言葉をよく見聞きしていましたが、これとメルマケは何が違うのでしょうか。メルマガとは、会社が保有するアドレスに情報を一斉送信するという方法です。これは、一方的な情報の押しつけであり、しまいにはこれには返信できませんといった内容の文章が書かれていたりしました。これでは、未読に繋がり、送る料金が無駄になるという逆効果になります。それに対してメルマケは、顧客と1対1でやり取りを行うことで読んでもらい、商品を知ってもらい、買ってもらうという流れに繋げます。
 例えば、男性と女性はもちろん求めるものや注目することが違うので、文章を変えてみたり、あらかじめ取っておいた関心ごとに関するアンケートから、伝える情報を選ぶといった一工夫で、かなり結果が変わります。以上のように、顧客ひとりひとりに向き合うのがメルマケです。


 メールを使ったマーケティングを行うこと

 メールというのは、どこの企業でも利用しているものではないかと考えられます。なぜなら、効率的に連絡を取ることができ、仕事をスムーズに行うことができると考えられるからです。電話で連絡を取ろうとした場合、相手が会議などに参加していて電話に出ることができないこともありますし、電話の近くにいたとしても手を話すことができないこともあります。そうした場合には、伝えたいことを伝えることができません。
 また、電話ですと聞き間違いをしてしまう可能性もありますし、聞き逃してしまう可能性もあります。ですが、メールですと記録に残りますので、それらの心配がありません。ですので、利用している人は多いと考えられます。そんなメールを利用し、案内を送るなどのマーケティングを行う企業も多いと考えられます。内容を見る確率が高く、マーケティング効果が高いと考えられます。


 メールを使ったマーケティングも増えています

 商品やサービスの売上アップのためにマーケティングは重要ですが、最近注目されているのがメールを利用したマーケティングになります。スマートフォンやパソコンなどを当たり前のように使うようになった現在、メールで商品やサービスの宣伝を行うことで売上アップにも非常に効果が期待できます。
 メールでマーケティングを行う場合の注意点など詳しい情報はインターネットで確認できますので、暇な時間を見つけて自宅のパソコンでチェックしてください。もちろんサービスや商品自体が良くないと売上が上がらない場合もあるので、まずは売れる商品やサービスをしっかりと作って、その上で宣伝にも力を入れることが重要です。実際に売上にどれくらい効果があるのかまとめたデータを掲載しているサイトも登場していますので、参考のために是非チェックしてください。

次の記事へ

カテゴリー